1級建築士の仕事

スポンサードリンク

一級建築士

1級建築士の仕事とは、すべての建物の設計から管理までを行うことができる職種になります。 特に、ホテルや商業施設、公共機関の建物などの大規模な建物は1級建築士しか設計ができないことになっています。

そのため、資格取得にはとても難易度の高い試験に合格する必要がでてきます。

建物やその周辺の空間を自分の考えたイメージに作り上げることができるとしたら、とても楽しいと思います。
そのようなことが、可能なのがこの1級建築士になるのです。普段はなにげに過ごしている住宅や商業施設をいかに楽しく、使いやすく、また安らぎをつくることができるのです。

資格取得しますと、下記の就職先などへ就職が多くなっていますが、そこでがんばりますと、自ら独立することが可能となるのもこの1級建築士の特徴になると思います。

【就職先】

  1)建設業
  2)設計事務所
  3)プレハブ住宅会社
  4)官公庁等
  5)その他



【職務内容】

  1)建築設計
  2)現場監督
  3)工事管理
  4)行政
  5)その他

<1級建築士と2級建築士の違い>
構造別区分 一級建築士でなければ設計または工事監理をしてはならない建築物 二級築士でなければ設計または工事監理をしてはならない建築物
すべての構造について 学校,病院,劇場,映画館,観覧場,公会堂,集会場 (オーデトリアムを有しないものを除く。)百貨店の用途に供する建築物で延べ面積 が500平米をこえるもの
鉄筋コンクリート造.鉄筋道,石造,れんが造, コンクリートブロック造. 無筋コンクリートブロック造の建築物または建築物の部分 (a)延べ面積が300平米をこえるもの
(b)高さが13mをこえるもの
(c)軒の高さが9mをこえるもの
延べ面積が30平米をこえるもの
その他の構造で木造以外の建築物 延べ面棟が1,000平米をこえ,かつ2階以上のもの (a)延べ面積が100平米をこえるもの
(b)3階以上のもの 木造の建築物
木造の建築物 (a)延べ面積が1,000平米をこえかつ2階以上のもの
(b)高さが13mをこえるもの
(c)軒の高さが9mをこえるもの
(a)延べ面棟が300平米をこえるもの
(b)3階以上のもの


<1級建築士になるまで>

1級建築士になるまで

1級建築士の資格情報はこちらから