インテリアプランナーの仕事

スポンサードリンク

インテリアプランナー

インテリアプランナーとは

インテリアプリンナーとは、インテリアコーディネーターより更にインテリアの知識を追求した資格となり、インテリアのプランニングにおける企画・設計・工事監理を行うインテリアに関する知識と技術に習熟した専門家のことであり、国土交通省所管の財団法人 建築技術教育普及センターが行う試験に合格し、登録を受けた資格者のことを言います。


簡単な仕事の内容は、コンセプトを策定する「プログラミング業務」から、「デザイン業務」、品質・コストの管理を行う「マネージメント業務」にまで関わることになります。


人々に望ましい「インテリア空間」のあり方を、機能性、安全性、快適性、経済性を基に、時代や社会情勢を考慮し、高い技術と感性・経験に基づいた提案を行い、その実現を通して、広く生活環境の向上に寄与していくこともインテリアプランナーの仕事になります。


インテリアプランナーのインテリアの知識は専門的な内容となっていきます。そのために、建築の知識もインテリアコーディネーター以上に詳しく知っておかなくてはなりません。また、家具のデザインなども手掛けることがありますので、家具を造作するための知識(木材の種類、メラミンの種類、塗装の方法)などが必須となってきます。


仕事の対象とする領域は、住宅、オフィス、店舗、ホテル、病院、学校、工場、公共施設などすべての建物に関わるインテリア空間すべてとなっており、幅広い知識が必要になることは必須となるでしょう。


店舗や商業施設になるますと、動線が関わってきますので人間工学の知識もあったほうが宜しいかと思います。



相関図



インテリアプランナー資格情報