教育訓練給付制度の利用できる方

スポンサードリンク


教育訓練給付制度が2007年10月1日より改正になりました。

教育訓練給付制度の利用できる方とは、雇用保険の一般被保険者であった期間が通算3年以上ある方。

  1)勤続年数3年以上かつ、今在職中の方
  2)離職後1年以内に再就職し、通算勤続年数が3年以上になる方

制度利用図1


  3)一般被保険者であった期間が3年以上あり、離職後1年以内である方
制度利用図2

注1
離職や退職等で、一般被保険者でない期間が1年を超えると、それ以前の被保険者期間は通算されなくなります。ただし、被保険者から外れて1年以内に、妊娠、出産、育児、疾病、負傷などの理由を公共職業安定所に申し出をし、許可されれば、1年にその日数っを加えた期間(4年を限度)内は対象となります。
注2
過去に「教育訓練給付制度」の給付を受けた方は、その講座の受講開始日より3年以上経過している必要があります。ただし、40%の給付を受けるには5年以上経過している必要があります。
注3
ご自分の被保険者状況、期間等が不明な場合は、ご自分の住所を管轄するハローワークに訊くとおしえていただけます。その際には、ご本人の住所を確認できる書類を持参してください。プライバシー保護の関係上、電話での照会はできません。