インテリアコーディネーターの資格

スポンサードリンク

インテリアコーディネーターの資格試験内容

【一次試験】

  • インテリア商品と販売(100分)
  • インテリア計画と技術(100分)

受験資格 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

【二次試験】

  • 論文試験(80分)
  • プレゼンテーション試験(140分)

【受験資格】

一次試験に合格していること。その他、年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

【試験会場 】

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄

【試験の範囲】

試験審査の範囲と審査基準
一次試験
インテリア商品と販売の基礎知識(100分) インテリア計画と技術の基礎知識(100分)

≪1.インテリア商品・部材≫
主要インテリア商品、インテリア施工関連商品、その他のインテリア商品に関する基礎知識を有していること。

≪2.インテリア販売≫
マーケティング、流通チャネル、インテリアビジネス等に関する基礎知識を有していること。

≪3.インテリア情報≫
情報の基本、情報の処理、情報システム等に関する基礎知識を有していること。

≪4.コンサルティング≫
コンサルティングの基本、コンサルティング・セールス、プレゼンテーション等の基礎知識を有していること。

≪5.積算・見積≫
設計図書、仕様書、工事の積算、見積用語等の基礎知識を有していること。

≪6.住環境≫
室内環境(安全環境)に配慮した商品、廃棄物に配慮した商品、高齢者に配慮した生活空間、バリアフリーを考慮した住空間コーディネート等に関する基礎知識を有していること。

≪1.住宅構造≫
住宅構造(工法)の種類、構造材料の種類、下地材と下地施工の種類と特性等に関する基礎知識を有していること。

≪2.インテリア構成材≫
内装仕上材(床・壁・天井)、造作・開口部の種類・特徴と仕上施工の特性、住宅部品、機能材料等に関する基礎知識を有していること。

≪3.室内環境≫
熱(属性・日射等)、湿気(湿度・結露)、空気(換気・通風)、音(遮音・吸音)、光(属性・採光等)等に関する基礎知識を有していること。

≪4.インテリア基礎≫
空間計画(各室計画・リフォーム計画)、人間工学、モジュラーコーディネーション、インテリアの歴史等に関する基礎知識を有していること。

≪5インテリア計画≫
設備計画(衛生・空調・電気・安全設備)、照明計画、彩色計画等に関する基礎知識を有していること。

≪6.表現技法≫
設計図書、実務基礎、造形の基本(空間構成と造形)、CAD・CG等に関する基礎知識を有していること。

≪7.関連法規≫
インテリアの関連法規(消費者保護・製品関連・販売モラル・建築関連等)の法規法令の基礎知識を有していること。

二次試験
論文試験(80分)
プレゼンテーション試験(140分)
インテリアコーディネーターとしての資質、能力、職業倫理が備わっていること。また、居住環境(住まいの健康・安全等)、コンサルティング、インテリア計画に関する課題についての問題点の捉え方、理解力、判断力、表現力等を有していること。 一次合格で理解した基礎知識を基に、多様なインテリア計画に関する基本コンセプトの作成、プランニング(計画立案)、プレゼンテーション(提案)の総合的な実務能力を有していること。(図面の作成等)

【登録及びインテリアコーディネーター証(身分証)・証書の交付】

資格試験に合格した後、登録料(5年間13,650円)を納付、登録手続きが完了すると協会認定のインテリアコーディネーターとして登録され、インテリアコーディネーター証と証書が交付されます。※申請期間内に登録手続きが完了しない場合は「登録する権利」が失効します。

【インテリアコーディネーター資格の登録有効期限・登録更新】

インテリアコーディネーター資格の登録有効期限は5年間です。登録を継続する場合は、登録してから4年目に行われる所定の研修等を受講、更新手数料(登録料を含む)を納付し、手続きが完了すると更新されます。

[インテリア産業協会]

  • 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-13-5 クリハシビル8F
  • TEL 03-5379-8600
  • FAX 03-5379-8605
  • http://www.interior.or.jp/

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座